これはあなたのサイトの About ページです。あなた自身やあなたのウェブサイトについてくわしく説明するのに最適なスペースです。テキストボックスをダブルクリックしてコンテンツの編集を始め、サイトの訪問者に知らせたい情報をすべてここに追加してください。

ベトナム技能実習生

弊社では外国人技能実習生の育成にも力を入れています。

よくニュースなどで外国人実習生の事件などが

取り上げられたりしておりますが、

あの背景には雇用しているからわかる事があります。

簡単に一例をあげますと、

彼らは日本に仕事、いわゆる出稼ぎをしに来ているわけですね。

しかし中には劣悪な環境で彼等を雇用する会社があります。

なのでこんな所にはもういられないと思い、

そこから逃げ出して違う違法な会社に再雇用されるわけです。

勿論それは不法滞在となりますので違法な労働です。

結局、

もともとその劣悪な環境から逃げたくて

違う会社に危険をかえりみず行ったにもかかわらず、

さらに劣悪な環境及び給料体系で働かざるをえなくなるんですね。

結局そこからも逃げ出してしまい

生活の為に犯罪を犯していまうのです。

あくまで一例ですが・・・

 

なので上記でお話ししました犯罪というのは、

私たち雇う側がきちんとした雇用、

育成をすれば少なからず減りますよね。

 

さて本題に移ります。

弊社では、彼等にも積極的に仕上などを施工させています。

日本語もわからない外国人にそんな事ができるのか?

と思う方もいるかもしれませんが、

そうです出来るんです。

では、何故なのか。

よくテレビなどで職人の世界を特集しているとき

「仕事は見て覚えろ」というフレーズを

聞いた事はないでしょうか?

まさしくあれを地でいくのが彼等です。

言葉が分からないので彼等はすごい見ています。

段取りから何から何まで何でもめちゃくちゃ見ます。

仕事ができない人がよく言います

「教えられてないからわかりません」

これは彼等にはありません。

私も彼等を雇用させて頂くようになるまで

忘れていました。

見て覚える事の大切さを。

百聞は一見に如かずといいますが、

職人の世界でもまさしくそうだと思います。

その中でもやはり仕事ができるできないは出てきますが、

それ以前の事で彼等に注意することはほとんどありません。

 

まず日本の習慣や文化を教え、

人とのかかわり方段取りの大切さなどを順番に教えていき、

一人前の職人に育てあげていきます。

日本人も同じくまずは人としてどうあるべきかを含め

学んでいただきます。

仕事を覚えていくのに国籍の優先順位などありません。

今後もその育成方針が変わる事はありません。

ただ我々日本人は教えずとも

彼等のお手本になるような

人間であってほしいとはおもいますが。

FED98760-904A-4C84-BAE5-174B787901BF.jpeg

1期生

タオ

900DED29-AEBE-433F-8FFE-8F64A68E0BF6.jpeg

2期生

ハイ

60D17D3D-7E15-4FEC-A1DC-898EA325D95B.jpeg

1期生

タィン

22C05D28-1805-4E64-97DA-45D23F8789FF.jpeg

2期生

フン

3AA68762-0D18-4B4E-9E6E-082AF3418A07.jpeg

1期生

クォン

A76B66B6-E5AE-4C6A-9E5F-569CD402968F.jpeg

2期生

チー